学資保険と貯金との違い

| 未分類 |

???? Vol.125 ?????????学校に行くに、学費はどうしてもかかります。大学生となると学費は高額になり、家庭によっては学力はあるが大学通学は断念することになってしまいます。でも早めに資金を貯めておけば、学費不足は解消します。
資金を貯める際に、学資保険を考える人も出てきます。まだ小さい子供のうちから、一定額を積み立てて、大学に行くことになれば、学費にあてるのです。
保険の商品によっても、金額やシステムが多少違ってきます。中には積みたて途中でも、一定額お金が返ってくるものもあります。会社も色々な提案をしてくるかもしれません。
こういった積み立ての良い所は月に決まった金額を払うことになるので、家計の予算に組みやすいのです。しかも確実に貯まっていきます。
一方で自分自身で学費を貯めようとすると、その月で残るお金を、充てることが多くなるのではないでしょうか。そうなるとこの月は2万円、前月は5000円だったなど、入金額が都合で適当になっていきます。入れるお金が十分にあればいいのですが、今は不況です。思ったようにいかず、最終的には学費不足は消えないことも出てきます。
個人の考え方にもよるが、使用する資金が貯まれば良いのです。やり方は個人次第です。でも成功しなければ何もなりません。学資金は、将来のためにあります。