育英年金の詳細紹介

| 未分類 |

???? Vol.128 ???????????学校に通うにはお金がかかります。公立の小学校や中学校ではあまりお金がかかりませんが、私立では高額な授業料がかかります。高校では公立でも高い授業料がかかります。
このため、子供が教育を受けるためにはお金が必要です。親が働いているのなら授業料の心配はそんなにありませんが、万が一のことが起こると授業料が払えなくなります。万が一のこととは親が亡くなってしまうことです。
生活するためのお金は親や親戚に頼ることでまかなえますが、授業料までは賄えないことが多いです。このため、万が一の時に学費を確保しなければなりません。
このために使用できるのが育英年金です。学資保険にその年金が付いていると、たとえ保険の契約者が亡くなった場合でも、保険料の支払いが免除され更に育英のための年金が支払われるものです。
この制度のデメリットは返戻率が低いということです。つまり保険料の支払額よりも保険金として受け取れる金額が低くなるということです。年金制度がついていない保険では返戻率が付いている保険よりも高くなっています。
年金制度が付いている学資保険は親の生命保険としても活用できるのです。そのため、他の生命保険に加入しているのなら、わざわざ年金が付いている保険を選ばなくても良いです。